価値観・正義は人それぞれ異なる

一昨日「イスラーム保守団体代表が治安当局において身柄を拘束され、全国的な衝突に波及」と書いた。週末の抗議行動は激しく死者・負傷者多数の他、11人もの警官がデモ隊の人質になる等。さらに抗議行動は広がりそうだとして「2週間分の食料確保をしておけ」との連絡が(日本大使館ではない)某所よりあった。我が家は普段から住み込みスタッフ数人の2週間分。オバハンたち家族用にと1-2ヶ月分の食料確保はある。が、さらに念のためにと、もう2週間分の確保に走ったわ。
そもそも抗議行動の始まりは2020年10月、フランスで預言者ムハンマッドの冒涜的なスケッチを見せた歴史教師が斬首され、加害者が警官によって射殺されたこと。その際、フランス大統領が「表現の自由を侵すな」と言ったことに世界中のイスラーム教徒が怒り、抗議をしたことから始まっている。以来、諷刺画(フランス)に対する抗議は延々と続き、ついにパキスタン政府はフランス国民と企業に一時的にパキスタンから離れるよう忠告。「フランス大使追放?」の決議も昨日、国会で提示されたようで、これにて抗議行動は一旦、静まりそうだが・・
いつも書いているように、人それぞれ生まれるところによって価値観は異なり、正義も異なる。「正義は倫理、合理性、法律、自然法、宗教、公正などに基づく道徳的な正しさに対する概念である」とされているように、各国の法律や宗教により「基準」は大きく変わる。アフガンなどは建国時に国是として「イスラームの護持」を挙げている(だからタリバーンによるイスラーム統治は当然とも言える)。パキスタンも「イスラーム教徒の国」として建国したので、イスラームの教えに忠実=正義となる。当然、欧米諸国や日本の民主主義、中国・ロシアの社会・共産主義などの価値観・正義とも大きく異なる。どれが正しく、どれが間違いか等はなかなか難しい・・

米軍、アフガンからの撤退

先週は毎日が30℃超え、日によっては34℃にもなったのに、今週の殆どは曇天で小雨混じり。暮らしを夏バージョンに変えたので肌寒く、珍しく熟睡から遠くて未明3時に起きてしまった。先延ばしにしていた書類作成が終わっていない・・変なところで自分の気の小ささが露呈する。最近でこそ夢見は悪くないが、気になることがあれば必ず夢に出る。

先週末はイスラーム保守団体代表が治安当局において身柄を拘束され、治安当局・警官隊とイスラーム保守団体支持者による衝突が全国で波及。警官の死亡者、負傷者など多数という事態。週末は政府によってネットの回線、携帯電話、等等などの通信手段が遮断されネットの状況は悪かった。今に始まったことではないが、ニュース番組を禁止するなどとあっては、今までの強権政治と変わらない気がする。

アメリカは9月11日までにアフガンから米軍を撤退させると発表。バイデン大統領の目標は、「アメリカ最長の戦争」を終わらせることだと。大変、結構なことだと思う。当時のアメリカ(ブッシュ大統領)は自分たち一族と軍産複合体を閏わせるためにアフガン攻撃の計画を立てたとしか想えない。
仮に本当にオサマ・ビン・ラーディンがアメリカ(ツイン・タワー)に攻撃を仕掛けたとしても(オサマ・ビンが首謀者であるとの証拠は無いとの公式発表が後に出ている)その報復でアフガンを攻撃することに、世界はオカシイと感じなかったのか? アメリカがアフガンから撤退すればイスラーム強硬派(タリバーン)によるイスラームによる統治が復活、それを歓迎しない人々は再び難民となってアフガン国外へ逃れるだろう・・でも、それもアフガン人が自分たちのアフガンを取り戻し、自分たちアフガン人で国造りをして行く・・選択する道の一つではないのか。大国がおためごかしで、欺瞞でお節介を焼く、それを僭越すぎると感じる人がオバハン以外にもあるだろう。

原発の汚染水

東京電力福島第一原発に溜まり続ける放射性物質を含んだ水、日本政府は2年後をメドに海洋放出すると決定。世界でも大きなニュースになり、パキスタンでも取り上げられていた。
被爆汚染された水は数々の処理を経て「処理水」と呼ばれ、アッソー大臣によれば飲んでもまったく大丈夫だと言う。原発による被爆・被害が取り沙汰されていた爆発当初に比べると、直ぐに健康障害が出ないこともあり、目に見えないだけに被曝リスクを説明されてもピンと来ないし、大丈夫といわれても「ハイそうですか」とも言えない。政府・電力会社などには原発設置を考えた段階から(地震による爆発がなくとも)処理水の処分は避けては通れないとの理解があった筈だ。食べたら排泄する・・と同じだ。
日本では「他人を信じられない人=性格悪??」でもあるかのような、特殊な(暗黙の)教育がある。故に、他人を信じやすい素直な性癖の人が多いから、広告やキャンペーンによっても簡単に左右され易い。まぁ、まさかアッソー大臣の言うことを鵜呑みにする人は、多くはないだろうが。
原発は安全。その安全幻想はどう植え付けられたのか・・1970年代から3.11直前まで莫大な広告費をつぎ込んで作られてきた『原発広告』 戦後、もっとも成功したプロパガンダとも言える「本」が出版されている。書いたのは元博報堂社員だというノンフィクション作家だ。復興庁は電通に3年で10億円もの広告費を支払い、原発事故の風評払拭のために「放射線等に関する情報発信事業」なるものを発注していたと。まぁ、こうした子供にも解りやすいイラスト付きの可愛い広告も、わざわざ見に行かない限り、影響はされ難いかもしれないが・・それにしても可愛いイラストで、安全と思い込まされ易いわ・・
ただ、いくら処理された水だと言い張り、国際基準に合致したモノであっても、含まれるモノが「無」ではないのだから・・海洋放出は環境への蓄積は免れん。海洋放出しているのは日本だけではない、だから良いと言うものでもないわなぁ。こうして数々の汚染を先送りし、地球上の環境を悪化させて行く我われ・・罪深いよな。環境活動家のグレタが涙を浮かべて怒るはずだ。オバハン個人に出来ることは、地球上の環境を悪化させないために生ゴミを初めとする、諸々のゴミを出さないようにするくらいしかないが。

西瓜の中身

パキスタンに来て40何回目かの断食月。さほど暑くもないこの季節、夜明け前から日没までの時間も長くは無いから楽な断食月だ。子供たちの学校はオンライン授業だが、クラスの多くが断食をしているというので、我が家の12歳も断食をすると言う。おかげで昼ごはんの準備に手が取られず、ゆっくりパソコンと向かい合っている。
先般、小中高校時代の友人から60年ぶりにメールを貰って、「日々、緊張感のある変化に富んだパキスタンが日本より性に合っている」なんて返事を書いたが、よう考えてみたら・・日本での暮らし、オバハンは日本人らしい普通のルールが守れんと言うか、普通が出来ないので苦手なのだと思った。娘や息子には何時も怒られている、「なんで普通が分らんのか?普通に出来んのか」と。
パキスタンで暮らせて本当に良かったと思うのは、昨日も野外大バザールで買った西瓜、包丁を入れたら中からドバッっと300ccものジュースが溢れ出し、オバハンの服がびしょ濡れになった。熟れ過ぎで食べられんからと店まで取り替えに行く寸前で息子に捉まり、こっぴどく怒られた。「手間暇ガソリン代の方がかかる、捨てたらエエやん」と。オバハンにも、それは理解出来る。だが「廃棄は出来ん!」妥協もできん。要は納得がいかん。ここで妥協したらオバハンで無くなる!交渉では負けたことがない、交渉負けの汚点をつけたくない! 怒る息子を振り切り再度、果物屋へ。

お嫁チャンがいつもいく高級果物屋では、「西瓜の中身が赤いか白いか見えん、ワシらは神様やない!」って開き直るそうやが、それを認める方がオカシイ。とは思うが、それが通るのもパキスタン、通らないのもパキスタン

ワクチンを廃棄!

どこぞの自治体が余ったワクチンを廃棄と。オバハンに言わせると、「ドアホ」としか言いようがないな。ワクチン接種の効果がある、なしは別にして・・などと言えば、これまた問題発言に近いが、予約していた人が来なかったからとワクチンを廃棄、なんと融通が利かない馬鹿げた行為か。日本では(と言う表現も問題発言になるだろうが)指示待ち、責任回避ばかりを考える人間が多くなった、実に嘆かわしい。今のところ限られた数のワクチンを「恣意的」に使うのは問題に違いない。だが「廃棄」するという行為に罪悪感がなかったのか?と、不思議だ。他にもワクチン保管の冷凍庫が故障で、約1000回分のワクチンを廃棄というニュース、これは事故だが検索してみると様々な事由でワクチンが廃棄されている。
10年もの昔になるが、インフルエンザのワクチンが期限切れで214億円相当が廃棄と言う記事もあった。この春、廃棄予定だったインフルエンザワクチンを自分の子供に接種して停職になった看護師さんがいた。看護師さんの「もったいない」という気持ちがオバハンには凄く解る。仮にこの看護師さんが責任者に許可を求めたとしても、上からの指示待ち・責任回避、物事を柔軟に考えられない管理者などは「ダメェ~~」って言ったことだろうしな。
かっての日本人には「もったいない」が定着していたと想うのだが、モノが豊富に溢れる暮らしに疑問を感じなくなっている日本では「モノを大切にする」など等を、わざわざ子供たちに教えなくなっているのかしらン? もったいながり・超貧乏性のオバハンとしては「廃棄」という単語は激しく反応する。
コロナワクチンに関しては、6月末までにファイザー製ワクチンが1億回分到着との事だ、出来るだけ廃棄をせずに済むよう願いたい。

中国製ワクチンは「効果が小さい」

「予防できる確率はあまり高くない」と、中国当局者が発言。直ぐに修正されたが・・というのが、きょうのBBCニュース。外国での臨床試験では、中国製ワクチンの効果は50%程度しかないとの結果が出ているとか。さらには、関連記事として偽ワクチンの組織を摘発との記事も出ている。その、どちらのニュースにもオバハンは、さほどビックリはせんなぁ~~「まぁ、充分にありうる話やわ」と、かえって納得するところが凄い! 偽ワクチンの組織は1ヶ月も前に中国と南アフリカの警察で摘発と、インターポールが発表したという。偽ワクチンの製造では食塩水とミネラルウォーターをワクチンだと偽って売りつけ、数百万ドルをだまし取っていたと言う。
実は、昨日、急に知り合いの政府高官から声がかかり、1人分だがワクチンがあるというので、お嫁チャンも接種した! オバハンもお嫁ちゃんもワクチンを接種したからと安心はしていない、「コロナに罹っても重症化しない」ということが大切だと考えているし、今後も免疫力を落とさないための努力は続けるわ。きょうの日中気温は34℃、朝の陽射しを浴びながらのコーヒー、夕方やや陽射しが緩くなってからの水遣り、双方で1時間の日光浴。ビタミンDの摂取に尽力!!

全滅!

家の前道路を挟み約1000坪くらいの空き地があって、1ヵ月半前そこにコスモスの種を盛大に蒔いた。10年近く建設を廻って揉めている土地なので、仮小屋だけがあって番人以外は住んでいない。家畜の餌にと雑草などを刈り取る人が自由に出入りしているし、オバハンも犬たちを連れて自由に歩く。
オバハンが子供の頃には市街地から一歩離れると田畑が広がり、春になると赤紫色の蓮華の花や、黄色い菜の花が山の麓や湖の際まで一面に咲き乱れていた。子供心にもそれはそれで美しいと感じたものだが、小1年の折に引っ越した家の庭一面には、その時コスモスが満開で・・そこで初めて「花」を認識したと想う。花屋さんへ行けば色とりどり薔薇や百合などの花も購えたが、敗戦後数年の時代では余裕がないと花など植えられなかったのではないかと想ったりもする。以来70年以上、コスモスを眼にするたびに郷愁を感じている。コスモスには派手な美しさが無い、その自己主張のなさが好きだ。
原産地はメキシコとあり乾燥に強そうなイメージだが、その実、乾燥にはさほど強くもないし、日当たりが悪いとダメだし結構繊細な面を持っている花だ。パキスタンではキバナコスモスをたまに見かける程度で、ごく普通のコスモスはあまり見かけない。
数年前、日本の友人から種を貰って以来、自宅で真夏と真冬以外の1年の半分以上を楽しませてくれるコスモス。たくさんの種を無駄にしたくないからと、今春は家の前の空き地にも蒔いたが、昨日は空き地にブルドーザーが入り、きれいに地ならし・・コスモス全滅ではないの・・ちょっとガックリ来たな・・